「ゆらしてみるWeb絵本」で幼児から歯周病予防チェックを!

衝撃的!子どもの2人に1人が歯周病!? 厚生労働省の2005年歯科疾患実態調査によると5~9歳の子どもの4割、10~14歳で5割、15~19歳では約7割が歯周病であり、また、4人に1人の割合で歯石がついていると報告されて … 続きを読む

歯周病などの原因になるバイオフィルムの認知度は低かった―オーラルケアの意識調査

オーラルケアの意識の違いに東西差 薬用リステリンを扱うジョンソン・エンド・ジョンソンがオーラルケアに関する意識調査を東京と大阪の20~50代の男女832名に実施した。 “自分の口臭が気になった経験がある”は男性67.8% … 続きを読む

歯周病の一つである歯周炎、原因となる細菌を特定か

歯周炎と細菌の関連性 歯周炎は細菌によって起こることは広く知られていたが、どの細菌が影響しているのか、具体的には知られていなかった。しかし今回、マウスを使った研究で、ミシガン大学の研究チームが人間の歯周炎を進行させる細菌 … 続きを読む

子どもの2人に1人が歯周病 オーラルケアの大切さ教えるタブレット向けWeb絵本発表

口内細菌数の計測によるオーラルケアを教える 2012年、パナソニック ヘルスケア(株)は、歯周病の原因である口内細菌の数をわずか1分で計れる「細菌カウンタ」を開発・販売開始している。 子どもたちの2人に1人が歯周病といわ … 続きを読む

歯周病が認知症を悪化させることが明らかに

マウスによる実験で認知機能が低下することが判明 名古屋市立大大学院の道川誠教授(生化学)らの研究チームは日本歯周病学会で、歯周病が認知症の一種であるアルツハイマー病を悪化させることを突きとめ、発表した。 名古屋市立大大学 … 続きを読む

【歯とハグキが健康ならば】最後の晩餐には「厚切りのステーキ」、サンスターが意識調査を実施

歯周病で食べたいものが左右される サンスターは6月4日から10日の、「歯と口の健康週間」を迎えるにあたり、60歳以上の男女312人を対象に、歯とハグキの健康が食生活に与える影響に関する調査を実施した。 この調査によると、 … 続きを読む

島根大、マタニティ歯科外来を開設

妊娠中の歯周病は胎児に影響 妊婦専門の外来として2月、島根大医学部に「マタニティ歯科外来」が開設された。妊娠中の歯周病菌の感染により、早産や低体重児出産のリスクが高まるという報告があり、早期発見と治療を通して胎児の健康を … 続きを読む

【速報】日本製粉、歯周病予防「パミスエキス」をエキスポに出展

歯周病を予防するニップンパミスエキス 日本製粉(株)は、15日から開催される「第11回ヘルスフードエキスポ」(HFE JAPAN 2013)に、虫歯・歯周病予防に効果があるといわれる「パミスエキス」を、他の商品と共に出展 … 続きを読む

サンスターが「ガム・デンタルブラシキャンペーン」を実施

抽選で1,000人に3,000円 サンスター株式会社(以下「サンスター」)が、「ガム・デンタルブラシキャンペーン」を実施している。 これはサンスターが発売している歯ブラシ「ガム・デンタルブラシ」全品を対象として、郵便番号 … 続きを読む